SEOは時間がかかる・インフルエンサーマーケティング・偏愛で稼ぐ

SEOは時間がかかる・インフルエンサーマーケティング・偏愛で稼ぐ

氷犬です。

 

今日の気になったニュースをまとめます。

SEOは時間がかかるもの

施策開始後わずか8か月でCV数が11倍に。方向性に悩むメディアを立て直した秘訣とは?

「過去の経験からもSEOは一般的には2年間ぐらいかけて取り組むべき施策だと思います。1年目は目標に対し50%~100%の達成度、2年目で5倍にする覚悟で。」

 

SEOは、本当に時間がかかるんですね。

 

本ブログの方は、運営6か月目ですが、確かに競合の強いワードは上位に上がる気配がないです。

たとえば、「プログラミング」を含むワードは、30〜50位をうろうろしています。

記事数が足りないのも原因の一つかなと思うので、もう少し様子見ですね。

 

SEOとかブログとかやってて思いますが、すぐに結果は出ないのが現実です。

まさに事業といった感じですが、なぜか「お手軽感」を感じる人が多い気がします(僕もそうでした)。

インフルエンサーマーケティングの現状

【SNSマーケティング特集(前編)】中国に比べて「3年遅れ」と言われている日本のインフルエンサーマーケティングの現状とは? #これからのSNSマーケ

インフルエンサーマーケティングなんてものがあるんですね。

 

現在、マーケティングに使われるのはYoutuberやインスタグラマーなど、どちらかというと、あまりインターネットに明るくないユーザーをファンに持ってる人なのかなと思います。

 

そういえば、ブログ界隈のインフルエンサーは、企業のマーケティングに使われている感じがあまりしないですね。

「インフルエンサーの定義」もいろいろみたいです。

好きでたまらないという気持ちが、信頼と収益に繋がる

「好きで好きでたまらない」という「偏愛」が、ビジネスを強力に後押しする

「書評のまとめってどうなの」って感じですが、ゆるくやっていきますm(_ _)m笑

 

「信頼が可視化される時代だからこそ、「好きなことを仕事にする」「好きで好きでたまらなくてこの仕事をやっています」という純粋な偏愛性が共感を得て、お金が集まる(信頼される)対象にもなっているのだといいます。」

 

最近だと、落合陽一さんや箕輪さんがまさにこのタイプですよね。

ブログ界隈だと、「お金を稼ぎたいからブログを始めた」という人が多いですが、お金を稼ぐのは結果なので、その過程のコンテンツ作りに楽しみを見出せないと続けるのは難しいかなと思います。

 

まずはお金稼ぎとか気にせずに始められるのが理想ですが、「お金を稼げる」という事実を先に知ってしまうと、その事実を忘れるのは難しいですね…笑

ちなみに僕は公務員の時にブログを始めたんですが、ブログでお金を稼げるなんて知らないまま、2か月くらい楽しんでやってました。

好きになれそうなもの・嫌いではないものを継続する

ただ、「楽しい気持ち」だけでは稼げないので、「稼げそうなジャンルの中から好きになれそうなものを見つける」のがいいと思います。

「好きになれそうなもの」もハードルが高いかもしれないので、「嫌いではないもの」ぐらいがちょうどいいかもしれません。よくマナブさんがTwitterで言ってる通りですね。

継続は力なりですd(^_^o)

 

こんな感じで「氷犬の犬小屋Works」より、ゆるくやっていこうと思います。

「実用的な情報が欲しい」という方は、本ブログの方がおすすめです。

 

※引用符にstyle.css当ててなかったり、リンク貼ってないので、家帰ったら直します

Tags: