【Webデザイン】無限に出てくる修正依頼に消耗しないために

【Webデザイン】無限に出てくる修正依頼に消耗しないために

どうも、氷犬です。

今回はWebデザインについての記事をまとめました。

Web制作において修正依頼を抑えるためにできること

修正を依頼するたびにデザインが劣化していく悪循環を防ぐ

食堂でカレーライスを注文したが、運ばれてきたカレーライスを見たら好みのものではなかった。そうしたとき「思ったのと違ってたので料金はカレーライスのままで海鮮丼に変えてください」などという客はいないでしょう。またそうした要望に応じる食堂もないでしょう。

しかしデザインの現場では、これとほぼ同じことが頻繁に起きています。こうしたことが起きる理由は、ごく率直に言えばウェブ制作会社の能力不足です。次のようなケースにあてはまる場合、ウェブ制作会社の能力不足を疑い、依頼者側はそのつもりで対応すればスムーズに運ぶでしょう。

Web制作についてのすごく良い記事なので、ぜひ読んでほしいです。

クライアントが出してくる無限の修正依頼は、Web制作会社の能力不足ということですね。

具体的にいうと、ヒアリング不足によって、Web制作の目的と方向性が定まっていないのが原因。

 

僕も仕事で作っていて思いますが、ヒアリングが甘いWebサイトは作ってて辛いです。

「何かいい感じでお願いします」みたいな丸投げの注文を是としないよう、あらかじめクライアントとイメージを共有しておきましょう。

「何ができて、何ができないのか」をはっきりさせておくのも大事かなと思います。

スタートアップのための無料ランディングページテンプレート

スタートアップの為の無料ランディングページテンプレートを配布する・「Cruip」

公式サイト:https://cruip.com/

お洒落なランディングページのテンプレートが無料で配布されています。

Twitterでも触れたのですが、日本のWebサイトでこういう雰囲気のページは少ない気がします。

CSSフレームワークしかり、コンポーネントフレームワークしかりですね。

「お洒落なフレームワークでWebサイト作ってみたいなぁ」と思っても、特に載せたい情報がないので、使えないまま。

せっかくなので、Laravelとかサーバー系のフレームワークを学んで、何かサービス作ってみようかなと考え中…(-_- )

Vue.jsのイメージをわかりやすく説明

イメージで伝える「Vue.js とは」 〜コンポーネントとデータバインド〜

「一体Vue.jsって何者だ」という疑問が付きまとっていたのですが、この記事でスッキリと理解することができました。

どうやら「コンポーネントというパーツを作って、自由自在に組み合わせることができる」フレームワークらしいです。

データバインドはよくわかりませんが、jQueryより柔軟に要素を変更できる感じらしい…

 

Laravelを使った開発案件だと、Vue.jsがよく使われるみたいですね。

なんとなく勉強したいなとは思いつつ、「一体何に使うんだ」という疑問があり、結局めんどくさくて勉強できてません(-_-;)笑

今はWeb制作をしているということもあり、プログラミングの知識はあまり必要ないんですよね。

飽きたらエンジニアになろうかなぁという思いもあるので、めんどくさがらずに勉強せねばという感じです。

 

今回はこんな感じです!

最近、プログラミングの勉強をまったくしてないので、発信するためにも少しずつ学んでいこうかなと思いますm(_ _)m

Tags: